スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

webから新規顧客にサービス認知を行い、(反響)数を獲得に適してるサービス

(KCE)のSEOを試してみたいが、効果を実感していない段階で年間契約を行いSEOを依頼するのは少しリスクが高いと云う声をお客様から頂きました。確かにこのお客様のおっしゃる通りかも知れません。
私達は、日常的にクライアント様にサポートを展開しておりますので、行うサポートや推定される効果に関しましては想像しやすいのですが、お客様の立場からするとその部分が最も「不安」に感じる部分かと思います。

しかし全ての運営者様が「不安」ばかりの気持ちではない事も事実として存在します。例えば私が契約するしないに関わらず必ず運営者様から言われる事の中に「実質的にSEOを行う事で、費用対効果が上がるならば、予算は出せる」と言う考えを殆どの運営者様がお持ちなのです。
yahooやGoogleへのSEO対策


テーマ : SEO対策・アクセスアップ
ジャンル : コンピュータ

検索順位が上がってもそのキーワード自体が検索される回数が多くなければ

検索数が上がってもその検索を行う方の動機が、コンバージョン(反響)に繋がらない動機の方が強い場合例えば、Aと言う商品の使い方について調べる方or Aと言う商品を購入するお店(web)を探す方とでは、コンバージョン(反響)に繋がる確率が全く異なります。

上記を見て頂けますと分かりますが、webコンバージョン(反響)数を高めて費用対効果に繋げる為の理想的な考えとしましては、高いコンバージョン率を見込そうなキーワードから多くアクセスを受ける為の施策の策定し、SEOと言う方法でそれらを実現させると云う事にあります。

但し、上記はあくまでも理屈です。現実的には高いコンバージョンを見込めるようなキーワードを如何なる方法で探すのか? コンバージョンが見込めるキーワードを探しても先客(ライバル)が多数ではないのか?など他社の存在を意識したり、方法論を議論し検証したり、常に改善に励みながら、SEOをコンバージョン(反響)と言う目的に繋げて行くと言う対策者と運営者の管理・共有意識と明確なアクションがSEOでコンバージョンを上げる為には必要と言えます。

しかし・・・・・運営者側に立ってみますと、実際に上記のようなサポートを本当に展開してくれるの?本当にSEOをコンバージョン(反響)に繋げれるの?などの不安は、これだけの情報では、実感数が伴っていなければ当たり前に拭い去る事は出来ないのではないかと思います。
yahooやGoogleへのSEO対策

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

web運営に対する考え方や取り組み方が変化した事」こそが、有効セッション数の増加や問い合わせ件数と比例

リニューアル前はかつらに興味がある方からサイトを見てもらえば良いと思ってましたが、それだけではコンバージョンに繋がらないという事が分かりました。

閲覧する方は、インターネットを使って自分の悩みを解消する方法を検索しています。だからこそ検索するお客様の立場に立った情報の見せ方は勿論ですが、そのような悩みを持った方が検索するであろう「キーワード」に対して多種多様の施策を行った事が結果的にお問い合わせ数や来店数に繋がったのだと思います。

また、サイトに掲載したい文書に関しても、KCEマーケティングさんの場合はまず私自身が原稿を作成する事を推奨されますので、自分でも自社サービスに対してこれまで以上に理解を深めたり、店舗施策等を企画する良いきっかけになったと思います。

何より自社サイト内に新着情報(ブログ情報)を掲載出来た事も、これまで以上に閲覧するお客様を想像しながら情報発信する事に繋がり、自分にとって非常に良かったと思えます。
SEO対策 効果
リニューアル前は正直、全てを業者任せにしていたような気がします。リニューアル後の今となっては、私自身の「web運営に対する考え方や取り組み方が変化した事」こそが、最終的に有効セッション数の増加や問い合わせ件数と比例しているのではないかと感じています。

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

webでのターゲティングと言うテーマは外せない

自社サービス・商品は誰をターゲットにしているのか?したいのか?見込みはあるのか?

これまでの店舗経営から、かつらにニーズを持つお客様の多くが、他店(特に大手かつら店)で既に高額なかつらを購入されている方が多く、その方の買い替えの相談が比重として非常に大きい。

また、新規でかつらを求める方の多くが過剰なCM等で信用性を打ち出している大手に取られやすい傾向もあり、無理に「初めてのかつら購入」と言うものを打ち出さずに、買い替え先を求めるお客様をターゲットとしたい。
商品の特徴・活用シーン・・・商品・サービスの特徴をweb上で表記させる事は勿論ですが、実際に商品・サービスを提供する事で、商品・サービスを購入したお客様に如何なる変化が生まれたのか?(心理的・経済的な描写) を重視したい。

webサイトでのターゲティングWebを閲覧頂いたお客様が何かしらのコンバージョン(反響)を行う際は、必ず自分に置き換えて物事を考えよう(想像)しようとすると思います。

その考え(想像)が自分にとって具体的または一致性(悩みの種別)が高ければ高い程、商品・サービスに関心を高めてくれる方が過去の経験上非常に多いようなイメージが強い
また、商品・サービス以外の部分での特徴となるが、店主ブログが集客に繋がった経験もあった為、、サイト内でブログ更新を行えるようにしたい。差別化要因・・・・

私自身、大手かつら店に長年勤めた経験を基に8年前に独立した経緯があり、現在取り扱う商品に関しては、大手かつら店で取り扱う商品と、機能性・実用性・耐久性、どれを取っても遜色がない為に

当店で買い換えたお客様が、それ以後に店舗を変える確率が非常に低い(転勤・引越しで県外に行く場合は除く)
商品を分かりする為に他社(特に大手店)との比較対象を明確にする事には、webサイト上では勿論の事ですが、更新する記事コンテンツの中にも多く含ませる事で、閲覧者にとって商品・サービス・費用・契約形態を比較しやすいような見せ方を強く意識したい。

お客様の検索動機(これまでのものが高額の為に買い替えを検討中)を先回りしてキャッチする事を意識したい。
差別化要因の主はその「料金」です。但し料金が安いだけで来店が増える程、甘いものではありません。

逆に安い事が信用を落とす可能性もありましたので、返品制度を作りお客様への安心感を提供し、活字が苦手なお客様(40代後半~のお客様)には、動画等を取り入れた商品紹介を実施する事で商品・サービスへの安心性も表現したい

大手店の場合は、高額の為にローン契約等を求められる事が多く、特に増毛のサービスに関してはまとめ購入をしなければならない(使う毎ではなく一気に何万本を購入させられる)場合も多く、それらの差別化として1本から利用する分のみを購入できるスタイル(それでも1本単価は大手よりも安い)での運営に取り組む事で、

大手店⇒この店舗へと言うお客様の流れの構築を目指したい差別化要因になるかは分かりませんが、大手かつら店を利用していたお客様からは「何故そんなに安いのか?」と聞かれる事が非常に多い為に、大手かつら店がどうしてそんなに高いのかと言う部分は明確に表記したほうが良いと考えてます。

「かつら・増毛」サービスを店舗来店型で実施するお店様の場合
(規模)単独店舗
(立地)駅から徒歩10分―15分。新規の方が分かりやすい場所ではない。
(従業員)店主含め2名
(形態)限りなく個人事業
(運営)5年以上10年未満


テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

seo対策よりもwebサイトリニューアルの方が即効性が高い場合もある

ロングテールキーワード SEO対策・ロングテールキーワードは、SEO対策を実施しながら検証を行い探し続ける必要があります。そのような1つ1つ作業こそがお客様のサイトに質の高いアクセス(コンバージョンに繋がりやすい検索キーワードでアクセスしてくれる検索ユーザー)を継続的に運んできてくれます。
また、SEO対策は、リスクを分散させる考え方が必要です。具体的に解説しますとTOPページのみを対策させる事は検索エンジンにとっては非常に不自然であると言う事であり、仮にそのTOPページが何かしらのペナルティー判定をされた場合、お客様のコンバーションは著しく低下する可能性があると言う事を考えておかなければなりませんので、当社ではロングテール使い方をお客様のTOPページは勿論ですが、それ以外の階層でもそれぞれにサイトの内容とシンクロの高いロングテールキーワードで、適切に対策を図るようにしております。日々進化する検索エンジンへは、常に『不確定要素』を多く含みますので『リスクヘッジ』を事前に検討しておく事も、SEO対策には必要です。





テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。