スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索順位が上がる事だけで実利が上がると言うモノは非常に少ないと感じています

[Google検索エンジンへのSEO対策を行なう上で]
2010年の年末に日yahooがGoogle検索アルゴリズムを導入した事により、現在はGoogle seo対策=日yahooのSEO対策に繋がると言う特性がございますが、Googleの検索アルゴリズムは、2012年の4月以降 作為的な対策サイトを排除する目的のアップデートを随時実施しており、これまでのSEO対策が通用しなくなったと言う方も決して少なくはないと言う事が言えます。
特にペナルティーの対象となるのが、外部要因に関しましては、有料リンク・検索順位向上の為に存在するリンク集への過剰な登録・サイト運営者が明確でないサテライトサイトの評価の低下等が挙げられます。逆に内部要因に関しましてはプラグインの埋め込みすぎによるサイト表記の延滞やサイト更新頻度、更新内容のクオリティー(ボリューム・ソーシャルを介した評価等)、ページランク、訪問セッション数(異なるユーザーからの)と言う部分の関係が非常に大きいものとなっています。
そのような事を踏まえますと、現在のSEO対策とは過去の対策のように外部対策の一辺倒ではなかなか効果は現れにくいというのが正しい解釈です。逆に言えば外部対策のみでの向上を目指す事=いつペナルティーを受けてもおかしくないとも言えます。 故に仮に外注する際にも重要となってくる事項は「しっかりとした内部コンテンツの育成を運営者自身も考える」と言う事項となります。

詳しくはこちら|条件一致性を重要視して欲しい。外部リンク設置を含むリンクPR戦略


■高塚省吾の作品を無料査定、特に高価買取いたします。■
(タカツカ セイゴ)1930~2007 略歴
1930 岡山県に生まれる
1949 東京芸術大学美術学部油画科入学。硲伊之助、久保守、梅原龍三郎、林武に師事
1953 東京芸術大学卒業。日本アンデパンダン展に出品
1954 芸大の仲間と「8人の会」第1回展を銀座・村松画廊で開く
1955 銀座・村松画廊にて初の個展
1977 国際青年美術家展入選
1978 ジャパン・エンバ美術賞展入選
1991 『高塚省吾作品集』を出版(芸術新聞社)
1992 『高塚省吾パステル画集』を出版(芸術新聞社)
1993 『高塚省吾素描集 女たち』を出版(芸術新聞社)
1995 『高塚省吾作品集・ 光と風』を出版(芸術新聞社)
1999 松山・三越、大阪・三越などで個展
2000 銀座・日動画廊にて個展
2007 死去

■絵画買取専門店アート買取協会では…■
絵画オークション日本画・洋画・版画・西洋アンティークなど、
アート 絵画美術品 買取骨董品 買取・鑑定をしております。
お電話・メールにて無料査定・鑑定いたします。出張査定・鑑定もしております。
絵画・美術品に関する質問や売却方法など、絵画 鑑定絵画 買取絵画 査定
アート買取協会までぜひお気軽にご相談ください。


スポンサーサイト

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

SEO対策を実施してくれる業者を検索エンジンを利用してSEO対策 福岡と言うキーワードで仮に検索してみます。

SEO対策と言うサービスを提供しておりますと、お客様から必ず聞かれる事や当社が必ずお伝えする事としてSEO対策だけではコンバージョン改善・向上には繋がらない現実問題が存在すると言う事をお客様には事前認識を頂かなければなりません。
これはどういう事なのか?と言いますと、検索順位を向上させwebコンバージョンを改善・向上させると言うアクションは外部要因への施策です。しかし外部要因のみに対策しても、それはあくまでも自社の商品・サービスを多くの方に(関心が存在する方)に認知してもらう事に成功するだけと言う現実を忘れてはなりません。

詳しくはこちら|webコンバージョンを向上させる為の外部・内部要因における比率は4:6


■■反響率を中心軸に考える、Webマーケティングへの転換【コンバージョンに関して】■■
ホームページ制作 福岡ランディングページ SEOランディングページ作成には,こんなメリットが!! 
販売促進一つの商品に特化したしたwebページのため,より具体的に商品の特徴を見せる事ができる。
またインターネット広告との相性も良く,インターネット上で決済をしたり,商品の販売促進も見込みやすい。 
webサイト構想がある程度決まっていれば,通常のホームページ作成 に比べ,サイト製作期間・納期の短縮や
製作コストの減少を実現出来る。サイト訪問数や認知されているか?
これまでwebで失敗してきた方に見落としがしだった本質的な改善!闇雲にSEOで順位が上がったからといってコンバーションに繋がる事ははっきりいってないのが現状です。これはwebに取り組みを行ってきた運営者さんなら分かると思います。それをするのがそちらの仕事でしょ?と思う方もいると思います。がしかし運営者さんが業者◎投げする関係を行う事は正直な話簡単です。当社は運営者さんと共にコンバーションに繋がる導く事を前提にweb集客はないと思っております。あくまでも当社がコンバーションをあげるのではないからです。
しっかりとした関係で出来ているお客様はコンバーションも上がっているのが現状です。
そういう事が分かる事(本質的な問題)方からの指示はKCEマーケティングでしか出来ない技術だと思っています。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。